01.アル中病棟 入院するまで

アル中で入院するまで(4):「連続飲酒」の突入と「離脱症状」の発現【発動編】

確かに睡眠薬の服用をやめ、アルコールだけを飲んでいれば、いつでも寝ることができるようになります。それでも自分の場合は、酒の飲み過ぎは避けようという考えだけはまだ残っていましたので、以前は「"一晩で"焼酎かウィスキーを1本720ml」だったと...
01.アル中病棟 入院するまで

アル中で入院するまで(3):睡眠薬の効き目の薄れと睡眠障害の始まり【没落編】

睡眠薬。それは私にとって、最初のうちは驚くほどよく効きました。人によっては、副作用なのか、それとも薬が効きすぎてしまうのか、「目覚めがよくない」「起きたあともフラついてしまう」などの症状が出てしまい、薬が合わない方もいるようです。しかし私の...
01.アル中病棟 入院するまで

アル中で入院するまで(2):適度な運動と初めての睡眠薬【格闘編】

γ-GTPが200を超え、脂肪肝と診断された私は、まず適度な運動として、ジョギングやロードバイクでのサイクリング、ボルダリングなどを再開しました(30代のはじめ、自分は一度カロリー制限にハマって劇的な減量に成功し、そこからのリバウンドを...
01.アル中病棟 入院するまで

アル中で入院するまで(1):健康診断で γ-GTP が200を超えてから【覚醒編】

自分の場合、アルコールを飲み始めてから入院するまでのあいだ、約20年の月日が必要でした。アルコール依存症にいつなったのかは、正直にいってわかりません。ただ自分の場合、酒を恒常的に(つまり毎晩のように)飲み始めたのは大学生の頃からでした。...
01.アル中病棟 入院するまで

アルコール依存症者の、アルコール依存症者による、アルコール依存症者のためのブログを、はじめました。

みなさま、はじめまして。このたび、「アルコール依存症(アルコール中毒、アル中)」をテーマにしたブログを書き始めることにしました、philosobrates(フィロソブラテス) といいます。 ブログ名は少し長いのですが、"A litte...