03.アル中病棟 入院記

03.アル中病棟 入院記

アル中病棟 入院記(6):病棟内で深まる親交。と同時に深まる溝

(こちらからの続きです) 前回の最後、私は「アルコール依存症を「今度こそは」と絶対に克服するためにわざわざ入院したにもかかわらず――アル中病棟の現実は、その決意を打ち砕くようなものでもあった」と結びました。 その「現実」...
03.アル中病棟 入院記

アル中病棟 入院記(5):退屈な日常は、濃密なものへと変わりゆく

さて、月曜からアル中病棟に入院した私は、結果的に金曜までのあいだ「治療プログラム」――病院内では"ARP(Alcohol Rehabilitation Program = アルコール・リハビリテーション・プログラム の略)"と呼ばれていまし...
03.アル中病棟 入院記

アル中病棟 入院記(4):1日のスケジュールと退屈な日常との戦い

こうして朝食を終えた私は、アル中病棟での生活を始めることになりました。まず私が最初に慣れる必要があったのは、病院特有の「生活リズム」でした。 それはどのようなものなのか、自分なりにおおまかな「パート」に分けて書いてみたいと思います。 ...
03.アル中病棟 入院記

アル中病棟 入院記(3):自由な食事は、気持ちがいい【初めての朝、起床から朝食まで】

眠れぬガッチャン部屋での一夜が明け……共同病室へ ガッチャン部屋での眠れぬ夜。朝6時の起床時間、私はすぐに目を覚ましました。病棟では、いやおうなく病室にライトが点灯されるため、厳重にアイマスクでもしていなければいやでも眩しくて目が覚めるか...
03.アル中病棟 入院記

アル中病棟 入院記(2):初めての夜は、「ガッチャン部屋」で

ガッチャン部屋。誰がそう呼び始めたのは定かではありませんが、おそらく日本人であれば――つまり、日本語に特に多いと言われる「擬音語」や「擬態語」の意味合いやニュアンスを理解できる人であれば――一発でその意味が分かる言葉です。そう、ガチャンと鍵...
03.アル中病棟 入院記

アル中病棟 入院記(1):初入院、からの「ガッチャン部屋」へ

さて、このブログもようやく「アル中病棟 入院記」編に入ることができました。 このブログを始めるときに意識していたのは、初めのエントリーも書いたように、吾妻ひでお氏の傑作マンガ『失踪日記2 アル中病棟』とは異なる角度で、アル中病棟の姿を...