アル中で入院するまで(3):睡眠薬の効き目の薄れと睡眠障害の始まり【没落編】

01.アル中病棟 入院するまで

睡眠薬。それは私にとって、最初のうちは驚くほどよく効きました。人によっては、副作用なのか、それとも薬が効きすぎてしまうのか、「目覚めがよくない」「起きたあともフラついてしまう」などの症状が出てしまい、薬が合わない方もいるようです。しかし私の場合はそうしたこともなく、7〜8時間の熟睡のうち、きっぱりと目を醒ますことができました。

「お酒などに頼らなくても、こんなに眠ることができるのか!」お酒を飲み始めてから10数年、飲まなかった日なぞない、というくらい毎晩のように飲んでいた自分にとって、睡眠薬との出会いは、それこそ革命的な出来事でした。もっと早く、この存在と出会っていればよかったと思ったほどです。

しかし、そんな睡眠薬との蜜月の日々は、1年足らずでゆっくりと終わりを迎えていきます。これはあくまで私の場合のお話ですし、医学的な根拠があるわけではありませんが、あくまで休肝日を作るための「補助」の役割として睡眠薬を使用していたのが、よくなかったのだと思います。次第に私は、睡眠薬を飲まないと熟睡できない身体になっていきました。つまりお酒を飲むだけでは、なかなか眠りにつくことができなくなり、眠りも浅くなっていきました。

これはまずいと思い、まずはお医者さんに睡眠薬の処方量を増やしてもらいました。しかし今度は睡眠薬だけを飲んでも、以前ほどの熟睡感を得ることができなくなっていきました。おそらく、アルコール(アセトアルデヒド)が脳内に残っていたからだと思います。非常に強い睡眠薬のはずなのに、寝床についてから1時間経っても2時間経っても、一向に眠くならない。結局朝を迎えてしまい、コンビニに酒を買いに行く。そしてお酒をあおって寝る。そんな日がちらほらと増えていくようになりました。

ちなみに、睡眠導入剤とアルコールの併用、つまり両者を一緒に飲むことは、固く禁じられています。なぜならそれは双方の効果を非常に強め、より依存性を高めてしまうからだといいます。実際お医者さんにも、「アルコールと一緒に服用すると、自覚のない奇異な行動に走ったりするから、絶対に一緒に飲んではいけない」と念を押されていました。実際、自分が服用された薬名で検索すると、そのWikipediaにはまさにアルコールとの併用によって自殺した著名人の名前が記載されていたり、強力な昏睡作用をもたらすことから諸外国では「レイプ・ドラッグ」などと呼ばれ悪用され、すでに販売が禁じられていることなどを知りました。ですから自分も、もちろん最初はその禁忌を守っていました。とある国への海外出張のときは、きちんと別の薬を処方してもらったりもしました(その代用薬が全く効かず、眠れなくて辛い思いをしましたが……)。

しかし上のような状態が続いてしまうと、先程も述べたように「睡眠薬だけでは眠れない→仕方なく、睡眠薬が切れたと思うタイミングで酒に手を出してしまう」という場合も出てきます。あるいはその逆に、「お酒を飲んでも眠れない→仕方なく、お酒が薄まったと思うタイミングで睡眠薬を服用する」というケースも出てきます。

「完全な併用は絶対に避けなければ」と頭ではわかってはいても、だんだんその状態が近づいてきます。翌日、どうしても朝早くに避けられない用事があるときなどは、完全に両者を同時に服用した日もありました(※絶対に真似をしないでください!)。つまり、強いお酒で一気にグイッと睡眠薬も飲むわけです。そういうときは、確かにぐっすりとよく眠れます。実際には「昏睡」していたのでしょう。それは自分にとって「安心」でもあり、同時に「恐怖」でもありました。こんなことを続けていたら、絶対にいつかボロボロになってしまうという予感があったのです。

そうしたことが幾度も続いた結果、自分はこう考えるようになりました:「こんな怖い思いをするのであれば、もういっそのこと睡眠薬は一切やめて、お酒だけを飲むことにしよう」と。そう考える自分を後押ししたのは、「脂肪肝だって、酒量を自分でコントロールして、ちゃんと治せたじゃないか」という成功体験でした。しかしいま思えば、わずか1年程度「節酒」ができたくらいで、自分の考えは大変に甘かったといわざるを得ませんでした。

そしてこれが自分の場合、いわゆるアルコール依存症の典型的な症例の1つ、「連続飲酒」へとつながる重大な引き金となっていったのです。(続く)

アル中で入院するまで(4):「連続飲酒」の突入と「離脱症状」の発現【発動編】
確かに睡眠薬の服用をやめ、アルコールだけを飲んでいれば、いつでも寝ることができるようになります。それでも自分の場合は、酒の飲み過ぎは避けようという考えだけはまだ残っていましたので、以前は「"一晩で"焼酎かウィスキーを1本

【まとめ:自分なりに重要だと思うこと】

  • 個人差は大きいが、睡眠薬もまたアルコール同様に耐性がついていき、次第に効果は薄れていく。また、睡眠薬を飲まないと熟睡感が得られず、アルコールほどではないが睡眠薬それ自体への依存も進んでいく
  • 特に危険なのは、アルコールと睡眠薬の併用である(絶対にやってはならない)。これは互いの効き目を非常に強くするが、それゆえに、両者への依存を強めるきっかけともなる
タイトルとURLをコピーしました